24時間WEB予約
滅菌対策
医院ブログ
  • インプラント
  • 矯正歯科
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • 入れ歯
  • 歯周病治療
  • クリーニング
  • 3MIX
  • 歯科用CT
  • Er:yagレーザー
  • 笑気ガス
  • マイクロスコープによる治療
医療費控除
歯科衛生士募集
患者様の声
自治医科大学付属さいたま医療センター
東京医科歯科大学歯学部付属病院
帝京大学医学部付属病院

歯科CTの導入

歯科CTとは

一般的にX線画像とは立体物をフィルム画像に焼き付けたものを指すことが多く、前後の像が重なって写ってきます。
2次元画像による診断とはレントゲンフィルムに写ったものそのものではなく、術者の頭の中の立体画像だということです。それ故に、 診断する歯科医師の臨床経験や読影能力に大きく左右されます。
CTの場合は写った画像から想像ではなく、 そのものがそのまま3次元の画像として見えるので診断のばらつきが少なく、 誰が見ても同じ画像であることから経験や読影能力による診断の差が少なくなります。


歯科用CTとは

写真歯科においてのCT診断は非常に有効です。
インプラントや矯正治療では、歯と顎の骨の位置関係、大きさなど従来のレントゲンでは見ることのできない情報をたくさん得ることができます。 また、CTの3D構築画像は患者さんにもとてもわかりやすい画像診断法ともいえます。正確な骨の形態を把握する (見えない部分を把握する)ということは安全性、確実性において患者さまにとってとてもメリットがあります。

インプラント治療の経験者が増加してきたとともに、インプラント治療に関連する失敗などのトラブルが増加してきたことも事実です。歯科用CTは、歯科では、おもにインプラント治療前の検査において使われます。
インプラント治療における術前のCT検査は世界的な常識となりつつあります。

当院では、安全にインプラント治療をおこなうためには、歯科用CTを設置した歯科医院にてインプラント治療をおこない、施術後すぐに検査をおこなうことが安全なインプラント治療の第一歩であると考えております。

当院のCTは、 JMM PreVista Flex-3D を使用しております。



無料相談会
ページトップ