歯のクリーニング|マーレあきら歯科クリニック|武蔵浦和 歯科

歯のクリーニング

何歳になっても自分の歯で食事を楽しみたい方へ

P.M.T.C(プロフェッショナル・メカニック・ツール・クリーニング)は、
歯科衛生士によって行われるプラークコントロールの機械的な方法です。
歯周病やむし歯の予防はもちろん歯を白くする効果や歯周病やむし歯のリスクを減らせます!

P.M.T.C(プロフェッショナル・メカニック・ツール・クリーニング)は、歯科衛生士によって行われるプラークコントロールの機械的な方法です。歯周病やむし歯の予防はもちろん歯を白くする効果や歯周病やむし歯のリスクを減らせます!

歯のクリーニング

歯のクリーニングで真の予防!

歯のクリーニング 「きちんと毎日磨いているのになぜ毎年のようにむし歯ができるのだろう?」と思ったことはありませんか?

これまでむし歯の原因というと、歯質、むし歯菌、砂糖などといった条件がそろうと発症するといった説明がされてきましたが、最近ではより詳しいメカニズムが分かってきました。

また、その予防法もかなり確立してきました。これからは、「ただ単に一生懸命磨く」だけでは、真の予防は難しいでしょう!

最近、歯のクリーニングという言葉をよく耳にしたことはありませんか?
プロの技術で口の健康を保つ環境づくり「ピー・エム・ティー・シー」歯のクリーニングをご紹介します。

当院の歯科衛生士について

歯のクリーニング より専門性の高い歯周治療を提供するためスウェーデンのイエテボリ大学にて非外科的歯周治療と言われるインフェクションコントロール(GBT)実習研修を受けております。

歯周組織に対して、より低侵襲でストレスが少ない治療を実践しております。 インフェクションコントロール(GBT)

インフェクションコントロール(GBT)

歯のクリーニング

プロによる歯のクリーニング(P.M.T.C)

P.M.T.C(プロフェッショナル・メカニック・ツール・クリーニング)とは、歯科衛生士によって行われるプラークコントロールの機械的な方法です。歯周病やむし歯の予防はもちろん歯を白くする効果や歯周病やむし歯のリスクを減らせます!

歯のクリーニング方法としては、今ではオールドテクニックですが、基本となる術式です。

歯のクリーニング スウェーデンの歯科医師ペール・アクセルソンが提唱した予防歯科医療の施術方法です。歯科医療従事者(特にトレーニングを受けたデンタルナース、歯科衛生士、歯科医師)によって行われる歯科医療サービスで、プラークの選択的除去を行います。

歯科医師と歯科衛生士が連携して行う予防歯科という形を右腕と言われる歯科衛生士ブリギッタ・ニーストレン先生と一緒に確立されました。

この方法は、浅い歯周ポケットの1~3mmまでに存在するプラークを機械的に除去する方法です。歯周ポケットが浅いお子さんなどの歯のクリーニングにおいて基本となる清掃方法です。当院の歯科衛生士はこの基本プログラムの研修を受けております。

歯のクリーニング

歯周病やむし歯を引き起こす元凶、プラークと言われる細菌たちの集まりです。オーラル・バイオフィルムとも呼ばれます。
粘着性があるので、雑なブラッシングでは歯がたたない、何ともやっかいな存在です。

バイオフィルムを取り除くには毎日の丁寧かつ適切なブラッシングが必要ですが、しかしながら何事も完ぺきにするのは難しいものですね。

歯のクリーニング 歯ブラシが届きにくいところに、バイオフィルムの切れ端が残ってしまうことが多いのです。それをきれいに取り除くことを可能にするのが『PMTC』プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング。「専門家による機械的歯面清掃」。歯のクリーニングです。所要時間は30分程度。

「途中で居眠りをしてしまう患者さんもいらっしゃいます。痛みや出血が少ない方法で、他のケアと一番違うところではないでしょうか」当院歯科衛生士談。

歯のクリーニング 一般的なホームケアでは行き届かない部分(特に隣接面)をより滑らかに、より清潔に保つことにより、プラークの再付着を予防します。また、発病に関与する細菌を、通常おろそかにしているリスク面から、完全に除去または著しく減少させることができます。クリーニング後の気持ちよい感覚は、貴方にホームケアの努力を奨励することにもなるでしょう。特殊なブラシやゴムのカップなので、もちろん痛みは少ない方法です。

こんな方にオススメ

    歯のクリーニング
  • タバコを吸っていて、ヤニが気になる方
  • 歯石がつきやすい、または歯が汚れやすいと感じている方
  • 歯ぐきが腫れたり、出血のある方
  • 入れ歯やインプラントのお世話にはなりたくない方
  • 歯ぐきが痩せて、歯が長くなったと言われたり、ご自身でお感じの方
  • 歯周病やむし歯の予防をしたい方
  • 何歳になっても自分の歯で食事を楽しみたい方
歯のクリーニング

3か月に一度、PMTCを 受けられることをおすすめします。
費用は¥2,160~

究極のむし歯・歯周病予防法 3DS(科学的除菌療法)

歯のクリーニング 3DS Dental Drug Delivery System(デンタル・ドラッグ・デリバリー・システム)は、抗菌剤によりむし歯や歯周病の原因菌を殺菌し、むし歯や歯周病の予防を行う方法です。

むし歯は、むし歯の主な原因菌であるミュータンス菌による感染症です。このミュータンス菌は、歯のみに付着して増殖するという性質がある為、歯だけに薬を使用することができればミュータンス菌だけを減少させることができます。しかし、ミュータンス菌はバイオフィルムという細菌膜を歯の表面に形成しており、薬剤が直接効かない環境を作っています。

3DSは、このバイオフィルムを除去し、歯のみに薬剤を直接作用させることのできる環境を作り、除菌を行う予防方法です。具体的には、マウスピースを作りその中に薬を入れて10分間装着するだけ。簡単ですが除菌効果は非常に優れております。

また、3DSで歯周病の原因菌を取り除くことが口臭予防にもつながるとも考えられています。
かなりの予防効果が期待できますが、むし歯にならないのではありません。

3DSを行うことにより、通常のブラッシングを続けているだけでムシ歯菌の少ない状態が長期間維持されています。
一般的にこの効果は4~6ヶ月持続されると言われています。

一人平均残存歯数の比較

定期的なクリーニングは歯周病の予防や進行の抑制に非常に効果が高いことが学会で報告されています。

歯のクリーニング 右のグラフを見てください。
ブラッシングを自分なりにしっかりして治療もきちんと受けていても、80歳の時点で歯の数はやはりわずかに6~7本しか残っていません。ところが、きちんと最新の予防プログラムを受けた人は80歳でも約16本残っているんです。これは大変な差だと言えます。

この数は、アメリカや欧米などの歯科先進国では、大きさ差があります。この数を増やすことが私たち歯科医院の使命だと言えるのかもしれません。

デンタルエステ

歯肉マッサージ

歯のクリーニング 歯石や着色を取ることも大切ですが、炎症のある歯肉や血行が悪い歯肉の症状を改善させることは大切です。適度な心地よいマッサージを歯肉に行うことにより血行を促進させ歯肉全体を回復させることができます。

リラクゼーション効果もあり歯肉の炎症をとる方法として注目されております。また、口輪筋、頬筋、咬筋などの口の周りの筋肉を内部よりマッサージすることにより口のこわばりや唇周りのしわの改善を行うことができます。

リップエステ

歯のクリーニング アンチエイジングは唇から。どうしてもケアが難しいのが唇。唇はお肌の一部で外環境に影響されやすい部分なので冬場の乾燥や夏場の紫外線の影響によりかさかさ状態になりやすい部位です。

実は、お肌と同じように保湿しケアする必要があります。痛んだ唇の角質層を除去し、適度なマッサージと保湿剤により、ぷるるん唇へと改善することができます。